病院を探す

[ お薬による治療 ]

症状が比較的軽い場合には、内服薬による治療から始めることが一般的です。


どの薬にもいえることですが、医師から指示された通り、きちんと服用することが大切です。 副作用についても、処方された際に必ず医師や薬剤師に確認し、症状が出た際は早めに担当医に報告しましょう。薬の効果や副作用には個人差があることも知っておいてください。


前立腺肥大症の薬は大きく3種類です 前立腺肥大症の治療に広く使用されている3種類の薬を中心に説明します。

実際の処方箋には下記に示した薬の種類ではなく、薬の名称が記載されていますので、医師・薬剤師に処方された薬の種類を確認しておいてもよいでしょう。

1

アドレナリン受容体遮断薬(α1遮断薬)

膀胱出口の閉塞を改善することで尿の通をよくする薬です。

前立腺と膀胱頸部の筋肉(平滑筋)を緊張させているα1アドレナリン受容体を妨げて、膀胱の出口を狭くする働きを弱めることで、前立腺肥大症による症状を軽減します。

服用開始後、比較的早期に症状が改善します。

注意点

白内障など眼科の手術を受ける際には、眼科医にこの薬を服用していることを申告してください。 「術中虹彩緊張低下症」といって虹彩に異変が起きて手術がやりづらくなることがあります。

主な副作用

めまい、疲労感、射精障害、鼻づまり、頭痛、眠気など。

2

ホスホジエステラーゼ5阻害薬(PDE5阻害薬)

前立腺や尿道の筋肉を緩めることで、尿の通りをよくする薬です。

前立腺や尿道の筋肉(平滑筋)細胞の中にある環状グアノシン―リン酸(cGMP)は酸化窒素(NO)によって産生が促進され、平滑筋を緩め尿を通りやすい状態にします。 PDE5阻害薬は、cGMPが分解されることを阻止して、NOの作用を強くすることで、前立腺肥大症による症状を改善させます。

注意点

一部の心血管系疾患を合併している場合は、禁忌(この薬を服用してはならない)です。

主な副作用

消化不良、ほてり、逆流性食道炎、頭痛など。

3

5α還元酵素阻害薬

男性ホルモンの一種であるテストステロンが前立腺に取り込まれると5α還元酵素によって、活性型の5αジヒドロテストステロン(DHT)になり、前立腺の肥大に関与します。

5α還元酵素阻害薬はDHTの産生量を低下させて、前立腺を小さくすることで症状を改善します。

注意点

前立腺特異抗原(PSA)の値を約半分に低下させるため、この薬を飲み始める前、服用中に前立腺がん検査を受け、がんを見逃さないよう注意が必要です。

主な副作用

勃起不全(ED)、射精障害、性欲低下、女性化乳房など。

その他の薬

●抗アンドロゲン薬

男性ホルモンのアンドロゲンの働きを抑えて前立腺を小さくし、前立腺肥大症に伴う症状を改善します。 また薬によっては安全性の面で長期間服用を避けた方がよいもの、長期間服用しても効果がなければ継続すべきでないとされるものがあります。

注意点

5α還元酵素阻害薬と同じく前立腺特異抗原(PSA)の値を約半分に低下させるため、この薬を飲み始める前、服用中に前立腺がん検査を受け、がんを見逃さないよう注意が必要です。

主な副作用

勃起不全(ED)、射精障害、性欲低下など。

●抗コリン薬

過活動膀胱に使われている薬で、膀胱の緊張を緩めて尿意切迫感や頻尿、切迫性尿失禁などの症状を改善します。 前立腺肥大症に加えて過活動膀胱を伴っている患者さんに、併用しての処方が検討されます。

主な副作用

尿閉、口内乾燥、便秘など。

●アドレナリン受容体β3作動薬

抗コリン薬と同様に過活動膀胱を改善します。 抗コリン薬より口内乾燥、便秘などの副作用が少ないとされています。

●漢方薬

一部の漢方薬には保険適用がありますが、前立腺肥大症に対して有効かどうか、根拠が十分ではない、とされています。

※健康食品やサプリメントは、適切な摂取量が明確になっておらず、注意が必要なものもあります。 摂取を検討する場合は、医師・薬剤師に相談しましょう。

[ 手術による治療 ]

薬での治療効果が不十分な場合や、尿閉(尿が出ない)・血尿・膀胱結石・尿路感染症などの合併症*1がある、またはその恐れがある場合は手術が検討されます。

主治医とよく相談し、理解・納得の上で治療を受けましょう。

*1 「合併症」とは 、ある 病気が 原因となって起こる別の病気、または手術や検査などの後、それらがもとになって起こることがある病気をいいます。

内視鏡による手術が主流です

今日、前立腺肥大症に対する主な手術の方法は、肥大しすぎた前立腺組織を切除や蒸散により取り除く方法です。

多くの場合は開腹せず、尿道から内視鏡を入れて電気メスやレーザーで治療を行う低侵襲な手術が一般的です。

手術方法の選択は、前立腺肥大症の特性、患者さんの状態、医療施設の設備、術者の習熟度を考慮して選択されます。

内視鏡による手術の治療効果はいずれも長期にわたり維持され、また、開腹手術に比べて体への負担が少ないといわれています。

経尿道的前立腺切除術

(TURP=transurethral resection of the prostate)

●モノポーラTURP

古くから行われており、現在も広く実施されている手術方法の一つで、先端にループ状の電気メスを付けた内視鏡を尿道から入れて高周波の電流を流し、肥大した前立腺を少しずつ削るように切り取っていきます。

他の内視鏡による手術に比べると、手術中の出血やそれに伴う輸血が必要になる頻度が高いこと、灌流液によるTUR症候群(低ナトリウム血症)が起きるリスクが高いとされています。 また、術後の主な合併症としては尿閉、射精障害などがあります。

手術の所要時間

前立腺の大きさにもよりますが、1時間程度。麻酔は下半身麻酔または全身麻酔となります。

入院期間

5-8日程度(患者さんの状態や医療機関によって異なります)

●バイポーラTURP

モノポーラTURPと同様、電気メスを使用する手術ですが、違いは手術時の灌流液に生理食塩水を使用することです。

モノポーラTURPと比べると、治療効果は同等ですが、TUR症候群(低ナトリウム血症)はなく、手術中の出血とそれに伴う輸血の頻度が低い、また、術後の尿閉などの合併症も少ないとされています。

手術の所要時間

前立腺の大きさにもよりますが、1時間程度。麻酔は下半身麻酔または全身麻酔となります。

入院期間

4-8日程度(患者さんの状態や医療機関によって異なります)

ホルミウムレーザー前立腺核出術

(HoLEP= holmium laser enucleation of the prostate)

内視鏡の先端からホルミウムレーザーを照射し、肥大した前立腺を被膜から剥離して核出(くり抜くように切除)する手術です。

ホルミウムレーザーは、そのレーザー特性から衝撃波を発生させることで前立腺組織の剥離が可能です。

くり抜いた前立腺はモーセレーターという機器で粉砕した後、吸引して体外に排出します。

残存する前立腺組織が少なく、再発の可能性が少ないとされています。

TURPと比較すると、治療効果は同等である一方で、出血は少なく、入院期間と関係する尿道カテーテル*2の留置期間も短いとされています。 但し、術後の尿閉や尿失禁などの合併症はTURPと同等の頻度で発生するとされています。

手術の所要時間

前立腺の大きさにもよりますが、ややTURPより長く、 1時間から2時間程度。麻酔は下半身麻酔または全身麻酔となります。

入院期間

4-7日程度(患者さんの状態や医療機関によって異なります)

*2「尿道カテーテル」は、手術した箇所を保護するため、尿道に留置されます。

532nmレーザー光選択的前立腺蒸散術

(PVP = photoselective vaporization of the prostate )

内視鏡の先端からグリーンレーザーを照射し、肥大した前立腺組織を蒸散する手術です。

532nmの波長をもつグリーンレーザーは、その特性から前立腺組織の赤血球中に含まれるヘモグロビンに選択的に吸収されるため、効率的に前立腺組織を蒸散することが可能です。

入院期間と関係する尿道カテーテルの留置期間はHoLEPよりさらに短く、多くの場合24時間以内とされ自然排尿への回復が早いため、他の内視鏡手術と比較しても早期に通常の生活に戻ることができます。

また、術中の出血が少ないことから、抗凝固薬(血液をさらさらにする薬)を服用中の方でも安全に手術を受けられます。(※1)

内視鏡による手術の中でも比較的体への負担が少ない手術方法です。

※1:内服を中断できる場合は中断して行ったほうが出血リスクが低く、より安全です。

手術の所要時間

前立腺の大きさにもよりますが、1時間程度。麻酔は下半身麻酔または全身麻酔となります。

入院期間

3-4日程度(患者さんの状態や医療機関によって異なります)

接触式レーザー前立腺蒸散術

(CVP = contact vaporization of the prostate )

内視鏡の先端からファイバー先端を組織に接触させてレーザーを照射し、肥大した前立腺組織を蒸散する手術です。

980nmの波長をもつレーザーは、その特性から前立腺組織の赤血球中に含まれるヘモグロビンと水を吸収されるため、より効率的に前立腺組織を蒸散することが可能です。

切除と止血を同時に行っていくため、出血リスクが低く、抗血小板薬や抗凝固薬を複数内服している方に対しても行うことができます。

(※1)前述のTUR-PやHoLEPよりも細い内視鏡を使用するため、術後の尿道狭窄リスクを抑えられるといったメリットもあります入院期間と関係する尿道カテーテルの留置期間はHoLEPよりさらに短く、多くの場合24時間以内とされ自然排尿への回復が早いため、他の内視鏡手術と比較しても早期に通常の生活に戻ることができます。

また、術中の出血が少ないことから、抗凝固薬(血液をさらさらにする薬)を服用中の方でも安全に手術を受けられます。

内視鏡による手術の中でも比較的体への負担が少ない手術方法です。

※1:内服を中断できる場合は中断して行ったほうが出血リスクが低く、より安全です。

手術の所要時間

前立腺の大きさにもよりますが、1時間程度。麻酔は下半身麻酔または全身麻酔となります。

入院期間

3-4日程度(患者さんの状態や医療機関によって異なります)

経尿道的前立腺吊上術(ウロリフト)

2022年4月から保険診療として認可となった、新しい手術方法です。

尿道から内視鏡を挿入します。

ウロリフトインプラントを4~6箇所に留置します。

前立腺を圧迫することにより尿道の内腔を広げます。

治療効果に制限がありますが、性機能障害が少なく、心疾患、肺疾患、抗凝固薬内服などがある方にも施術が可能です。

手術の所要時間

前立腺の大きさにもよりますが、20~30分程度。麻酔は下半身麻酔または全身麻酔となります。

入院期間

2日程度(患者さんの状態や医療機関によって異なります

その他の手術

●開放手術

前立腺の肥大が顕著な場合や、手術が必要な合併症がある場合など、開腹して前立腺を全部摘出することがあります。

●高温度療法

尿道や直腸からカテーテルを入れ、マイクロ波やラジオ波、超音波などを出して前立腺を加熱し壊死させることで症状を改善する方法です。

●尿道ステント

形状記憶合金などでできた管を尿道に入れて、尿道を広げるという方法で、ほかの病気のために手術ができない場合に行われます。